プロフィール

yoda

Author:yoda
雑誌、週刊誌、WEBにて水中、動物関連の取材撮影をすると共にペットに関する撮影も行っている。BLOGでは仕事とは関係なく日常や思った事を気楽に綴っています。

・依田写真事務所

ペットフォトライフ

フェイスブック

ypo002826.gif

Link
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連書籍 / WEB
碧い海の仲間たち 緑の森の仲間たち 犬と暮らす幸せな日々 アサヒカメラDIGITAL サンデー毎日
全記事表示リンク
Link-2
かまわぬ

うんち0宣言

月別アーカイブ
Link-3
最新記事
最新コメント
検索フォーム
Counter
Copyright
当サイト内の画像(写真)などは依田写真事務所が著作権、版権を保持しています。無断で複製・転載・転用することは禁止させて頂きます。お客さまの許可を得て公開しております。
QRコード
QR
banner
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

織田信長ゆかりの街を満喫するぞツアー(後編)

09 01, 2015 | 日本の風景

0 Comments
ypo02788.gif

一泊二日の岐阜の旅、後編。
鵜飼とは。。。ウミウという水鳥を使いアユなどの魚を獲る方法。日本で11府県、13箇所で行われている伝統的な漁法だ。このウミウという鳥だが、なぜ?カワウという種類ではなくウミウが使われるのか。。。? 実はウミウの方が身体も大きく、力強く、また我慢強く大人しい性格をしている為、カワウでなくウミウの方が漁として向いているのである。この鵜飼、日本で最も有名なのが「ぎふ長良川の鵜飼」である。そのウミウを操る技術は「国重要無形民俗文化財」に指定されている。ちなみにウミウがこの漁法を学ぶのに早くて3年はかかるという。動画やテレビでしか見たことがなかった光景が、実際に目の前で繰り広げられる時間に包まれながら興奮状態で集中。。。【写真モデル:鵜匠の山下純司さん】

ypo02794.gif


 この伝統的な漁法を拝見しに遊覧船に乗った。船首と船尾に舵の役目をする長い棒を持って1人づつ船頭さんがつく。この船頭さんがガイドの役割もしてくれるのだ。長良川に吹くゆるりとしたそよ風を感じながら、船頭さんのお話に耳を傾ける。と、言いたいが聞いていなかった(汗)その時は何のレンズを選択したら良いか?どこから来るのか?シャッタースピードは?絞りは?どれくらいの炎なのか?そんな事を考えながらレンズ選択。撮影しやすいよう鵜飼舟が来る側の席を仲間たちから譲ってもらったり、状況を聞いてもらったりし、遊びなのに申し訳ない。。。と、思いながら全力で撮影開始ですぅ。遊覧船が出て、所定位置に待機し始め15分後ぐらい経過しただろうか?暗闇をかき消すかのようにドンドンと太鼓の音が響きわたる。。。

ypo02793.gif

 勢いよく燃える篝火(かがりび)が、鵜舟の周囲と水中を照らす。鵜匠が火傷をしてしまうのでは?と思えるほどもの凄い勢いで燃えていた。鵜匠が鵜たちを操り、声を発する。「ホーホーホー」と。初めは鵜に声をかけているので、「ウーウーウー」という事かと思っていたが違かった(笑)太鼓の音で、寝ている川魚を起こし、炎の光に集めて、「ホーホーホー」と鵜に声をかけていた。きっと「お仕事の時間だよ。ガンバって魚を捕っておいでー」と激励しているのかもしれない。

ypo02790.gif


 今は伝統芸として伝えられている鵜飼の素晴らしい光景。実は。。。織田信長がこの鵜匠を保護したからこそ、現代に伝えられているといわれる。

ypo02789.gif

 永禄11年には、武田信玄の使者が訪れた際に、この鵜飼に招待して信長自身がそのアユを選び、お土産に手渡したと言われている。武田信玄の山梨までアユをどのように運んだのかの疑問は残るが。。今、それは考えないようにして。とりあえず素敵な想い出として心に刻み込まれた鵜飼見物だった。。。

ypo02791.gif

そして話が前後してしまったが、実は、僕らはこの前にも心身共に胃袋にも染みわたる経験をしていた。 

ypo02792.gif


 じゃーん。じゃじゃん。岐阜を代表する飛騨牛という地元ブランドの高級和牛。きめ細やかな霜降りと、品の良い霜降りの旨味が口の中で一気に溶けこみが、しつこくなく牛の繊細な味わいが舌の上で踊っているという感じ~絶品。食に満たされると、その旅はよりいっそう忘れることのない旅となるものだ。。。感動。。

ypo02786.gif

 肉もさることながら、それを囲む料理も徹底している。多様な野菜の数。きっと肉にかけて29種類なんだね!と、皆で話して盛り上がった。ベタベタだけどなかなか勇気のあるダジャレ選択。お店の人に聞いてみると 「いえ、いえ、新鮮な野菜で地元で採れたものを提供しているので。。関係ありませんよ~うふっ」と、優しい笑顔で答えてくれた。僕らは「だよね~おほほっ」と。。。苦笑い。またまたお米は、ハツシモ、コシヒカリ、ミルキークイーンをブレンドし土鍋でじっくり炊きあげた旨味のあるご飯。肉とピッタリマッチして美味かった!

 織田信長ゆかりの街を満喫するぞツアーの前篇、後編とお付き合いいただきありがとうございました。この楽しい想い出をブログに残しておきたくて掲載させていただきました~。心の旅ツーリスト(笑)のF氏。本当にありがとうございました!そして株式会社Gの社員旅行?に参加できて幸せな時間でした!感謝。ありがとうございます。今回、改めて旅は素敵だなぁと再確認。。。。旅の経験は感性や感受性などが高まる素晴らしい旅となった。また考えさせられる旅とも。。

ペットと一緒に暮らす人達が、気楽に出かけられる世の中になれば、どれだけ素敵だろうと。。方法は必ずあるはずと信じている。大切なのが「ワンコの性格にあった躾け方法、飼い主さんの基本マナー」そういったルールなどがポイントとなり、一般の方の意識も変わっていくと信じている。。。。

pet宿.com
ペットと泊まれる宿・犬と泊まれる宿・犬と宿泊できるペット宿を紹介しているpet宿.com(ペット宿ドットコム)。温泉旅館・ペンション・ホテルなどを紹介するペットと旅行するための総合情報サイトです!ペット宿グランプリ(ランキング)を毎年開催!
http://petyado.com/

株式会社フクシマ化学
 プロフェッショナルのために開発されたシャワーヘッド。きめ細かなマイクロ・ナノバブルがでてくる「laqua(ラクア)」という商品。人間の美理容店で使われているシャワーヘッドをワンコ用としてしも販売してくれている。皮膚に優しく毛がホワホワになると人気!
http://item.rakuten.co.jp/b-bell/laqua-0001/

~旅メモ~
飛騨牛グリルばくろ
古い民家を利用した情緒あふれる築120年の古民家。飛騨牛の美味しさを最大限まで引き出す「真空低温熟成ステーキ」を提供してくれている。レトロ感たっぷりの部屋は戦国時代あたりにタイムスリップしたかのような抜群の雰囲気。
〒500-8046 岐阜県岐阜市 米屋町9
電話:058-214-8960
営業時間: 11時00分~23時00



ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

« ~素晴らしい運動能力~ 織田信長ゆかりの街を満喫するぞツアー(前編) »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)