プロフィール

yoda

Author:yoda
雑誌、週刊誌、WEBにて水中、動物関連の取材撮影をすると共にペットに関する撮影も行っている。BLOGでは仕事とは関係なく日常や思った事を気楽に綴っています。

・依田写真事務所

ペットフォトライフ

フェイスブック

ypo002826.gif

Link
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連書籍 / WEB
碧い海の仲間たち 緑の森の仲間たち 犬と暮らす幸せな日々 アサヒカメラDIGITAL サンデー毎日
全記事表示リンク
Link-2
かまわぬ

うんち0宣言

月別アーカイブ
Link-3
最新記事
最新コメント
検索フォーム
Counter
Copyright
当サイト内の画像(写真)などは依田写真事務所が著作権、版権を保持しています。無断で複製・転載・転用することは禁止させて頂きます。お客さまの許可を得て公開しております。
QRコード
QR
banner
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

フクロウの巣

10 19, 2011 | 海洋・自然関連

2 Comments
Photo Grapher kazuaki yoda

 おはようございます!ポジ整理中にコレ発見。フクロウの巣についてザックリとお話。彼らの巣は山奥にもあるが、どちらかと言うと人家、もしくは畑の周囲で暮らしている事が多い。夕方、フクロウが頻繁に鳴く場所へ行きジッと2時間ほど身動きせずにひたすら待つ。するとどのように行動しているのか見えてくる。大体の動きが想像できたら森に入り、これまた1時間ほど自然の一部になりきる。「僕は岩・・・僕は岩・・・」と、いう感じに。はたしてこれで自分の" 気 ”が消えるかは定かでないが、気持ち的にはそんな感じでしょうかね。。そこで大切なのが環境。例えば、畑など餌の取りやすい場所はあるか?樹洞(うろ/木が腐るなどして隙間が開く状態、洞窟状の穴)はあるか?風がどのように流れているか?雨風がしのげる樹洞はあるか?等々と想像しながらジッと待つと巣の場所が見えてくるものなのです。

 ある日、樹洞に鉄板が付いていた?!どう考えても雨風がしのげる良い感じの樹洞に鉄板が付いているのだ。その土地の方に聞いてみたら、夜、騒がしいので樹洞を塞いだとの事。さっそくお酒を持って行ったりしてゴマを擦りながら、なんとか1シーズン鉄板を外してもらう事ができたわけだ。で、1週間後、覗きに行って見ると。。。。。。。


Photo Grapher kazuaki yoda


 アオバズクがいきなり樹洞から飛び出して来た!突然の訪問で相手もビックリしただろうが、僕もかなりビックリして猿ではないが木から落ちた。で、反射的にシャッターをきった写真がコレ。1週間ではまだ早いと思っていたので、すっかり気を抜いて覗いてしまった。よっぽど彼らにとって良い物件だったのだろう。(写真:沖縄県石垣島)

 ところで。。。水中生物を撮影する時も似ている。環境がとても重要。出会いたい生物を決めたら、その生物が好む環境に注意すると発見できる可能性が高いわけだが、そもそも水中という特殊環境でジッとその場で待っていたらタンクの空気がアッという間に無くなってしまう。近道はガイドに頼るのが確実。水中撮影でガイド無しのダイビングはまずない。野生の生物なので100%ではないにしても出会う確率はまったく違うのだ。 さて、写真だけを載せようと思ったのですが、1枚1枚撮った時の状況を思い出してしまい。ダラダラと文を書いてしまいました~。では、今日はこの辺で。。

僕がダイビング撮影でお世話になっているダイビングの情報ポータルサイトです。
ダイブネット

ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

« rendezvous マングローブ »

- Comments
2 Comments

木に上ったり水にもぐったりと野生の生き物を撮るのは
大変なご苦労なんですね。瞬間で撮られたアオバズク
すごいですね。うまく写真が撮れた時の満足感は素人の
私でもあるので、何日も待って撮れた時の達成感は大きな
ものでしょうね。森から水中、お台場から海外へとご活躍の場所がとても広くてびっくりしています。

by Oboland | 10 20, 2011 - URL [ edit ]

Obolandさんへ
 元々は野生生物を中心に撮影していましたが、
(現在も撮影しています)某雑誌の特集で盲導犬、
聴導犬、介助犬などの補助犬を取材撮影させて
もらいました。人と動物の関係について取材を進
めていく中で、人間と一番身近に接している動物
にも興味がわき、ペットを撮影するようになりました。
11月21日にブログでも少しお話しますので、もし
よければ見て下さいね。

by yoda | 10 21, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)