プロフィール

yoda

Author:yoda
雑誌、週刊誌、WEBにて水中、動物関連の取材撮影をすると共にペットに関する撮影も行っている。BLOGでは仕事とは関係なく日常や思った事を気楽に綴っています。

・依田写真事務所

ペットフォトライフ

フェイスブック

ypo002826.gif

Link
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連書籍 / WEB
碧い海の仲間たち 緑の森の仲間たち 犬と暮らす幸せな日々 アサヒカメラDIGITAL サンデー毎日
全記事表示リンク
Link-2
かまわぬ

うんち0宣言

月別アーカイブ
Link-3
最新記事
最新コメント
検索フォーム
Counter
Copyright
当サイト内の画像(写真)などは依田写真事務所が著作権、版権を保持しています。無断で複製・転載・転用することは禁止させて頂きます。お客さまの許可を得て公開しております。
QRコード
QR
banner
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

子を守る親

10 09, 2011 | 海洋・自然関連

0 Comments
Photo Grapher kazuaki yoda

 一昔、ディズニー映画「ニモ」でも有名になったカクレクマノミ。その種類の中でクマノミというお魚がいる。岩表にビッシリと卵を産み付けて孵化するまで懸命に子供たちの面倒をみるのである。彼らの子育てというものは卵の表層にゴミが付けば、ヒレや口を使いお掃除。同じようにして新鮮な酸素を送ってやり、また卵を襲う天敵からも懸命に子を守るのです。カメラを近づけて1カット。。レンズが目に見えるらしく激しく攻撃!生物たちは目に見えるものに対して恐怖心がわくものだ。またペットでもカメラレンズを異常に怖がる子も居る。そういった場合、しばらくカメラを持って遊ぶようにしている。怖がる子は野性本能を強くもっている子のだろう。特に犬よりも猫の方が多い。こういった理由を知っているか、ただキライだと思うかで、その対処方法が違ってくるものだ。さて、さて話しを元に戻し・・・・孵化すると子供たちは一目散に水面へ向い、浮遊生活を送りながら自分たちの新たな住処となるイソギンチャクを探すわけだ。人間の親も体長10センチ程の彼らも、子供を守ろうとする気持ちは同じですね。

Photo Grapher kazuaki yoda

 体長数ミリの赤ちゃん。新しいイソギンチャクを見つけてすくすく大きく育て~!
ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

« 鼻でかっ! 休憩 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)