プロフィール

yoda

Author:yoda
雑誌、週刊誌、WEBにて水中、動物関連の取材撮影をすると共にペットに関する撮影も行っている。BLOGでは仕事とは関係なく日常や思った事を気楽に綴っています。

・依田写真事務所

ペットフォトライフ

フェイスブック

ypo002826.gif

Link
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連書籍 / WEB
碧い海の仲間たち 緑の森の仲間たち 犬と暮らす幸せな日々 アサヒカメラDIGITAL サンデー毎日
全記事表示リンク
Link-2
かまわぬ

うんち0宣言

月別アーカイブ
Link-3
最新記事
最新コメント
検索フォーム
Counter
Copyright
当サイト内の画像(写真)などは依田写真事務所が著作権、版権を保持しています。無断で複製・転載・転用することは禁止させて頂きます。お客さまの許可を得て公開しております。
QRコード
QR
banner
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

野生動物との共存

10 06, 2011 | 海洋・自然関連

0 Comments
Photo Grapher kazuaki yoda


 以前、某雑誌の撮影で長野県へ訪れた。ココ長野県は92%がクマの生息範囲となる。そこでNPO法人「ピッキオ」という団体が中心となり、人とクマが共存できる地域づくりに力をそそいでいる。またクマに危険を知らせる方法のひとつとして日本初のベアドッグを導入。彼らと何日間か一緒に同行しながら取材撮影を進めていった。その内容につきましてはまたいつかご紹介するとして、、、、撮影中、多くの野生猿とも出会った。どうも秋の収穫を楽しんでいるようすだ。その時に撮影した親子の絵図である。この長野県に限らず観光客が多く訪れる場所で、野生動物に餌を与える方々が今でも後を絶たない。一度、人間から餌をもらった野生動物、特に猿は餌をもらえないと人間を襲うようになる可能性が高いのだ。人間もある意味、野生動物である。互いに住む環境範囲が重なるのは仕方ないにしても野生動物には餌を与えないで下さいね!それが共に生きるという事なのです。。。。。と思う今日この頃でした。
ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

« 電池切れです。。 撮影コンセプト »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)