プロフィール

yoda

Author:yoda
雑誌、週刊誌、WEBにて水中、動物関連の取材撮影をすると共にペットに関する撮影も行っている。BLOGでは仕事とは関係なく日常や思った事を気楽に綴っています。

・依田写真事務所

ペットフォトライフ

フェイスブック

ypo002826.gif

Link
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連書籍 / WEB
碧い海の仲間たち 緑の森の仲間たち 犬と暮らす幸せな日々 アサヒカメラDIGITAL サンデー毎日
全記事表示リンク
Link-2
かまわぬ

うんち0宣言

月別アーカイブ
Link-3
最新記事
最新コメント
検索フォーム
Counter
Copyright
当サイト内の画像(写真)などは依田写真事務所が著作権、版権を保持しています。無断で複製・転載・転用することは禁止させて頂きます。お客さまの許可を得て公開しております。
QRコード
QR
banner
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

ヒルのイイ話

08 07, 2012 | ボルネオ旅行記

0 Comments
Photo Grapher kazuaki yoda

 はい。今日はボルネオ自分日記です。セピロク・オランウータン・リハビリテーションセンターの撮影を経て、Sepilok Nature Resortという素敵なホテルにて宿泊。ここでホテル周辺を散策するナイトジャングルウォークの撮影に挑んだ。それまでタビンやビリ等、鬱蒼としたジャングルの中を徘徊しながらの撮影だったので、まぁ、ホテル周辺を30分ほど散歩する感じの気楽なコースだろうとナメていた。その結果、ヒル除けソックスも履かず、しかもビーサンに短パン半袖、防水リュックにカメラ機材を入れて集合場所へ。だが、メンバーの格好を見て「シマッタ!」と。メンバーはみんな完全装備で集合している。部屋に戻り着替えている時間もないし、さて、どうしたものだろうと軽く悩んでいた。そこへジャングル育ちであり、ユーツアーのカシミールさんが清々しく登場(写真右端)なんと僕と同じ格好なので笑った。

(僕)「みんな完全装備だけど。。。大丈夫?」(カシミールさん)「とりあえず虫よけをしておけば大丈夫だよ!」と、なんとも根拠の無い自信に安心する。とりあえず虫よけをしてみんなと合流。そこへ現れた現地ガイドの方が、なんと短パン半袖!だが、その姿を見て、カシミールさんが僕の後ろでポツリ。「良かった」その言葉に爆笑。さて、さて、その後にジャングル探検へ出かけたのだが、みんな大変な事になってしまった。

Photo Grapher kazuaki yoda

 ボルネオには何種類かのヒルが居る。写真はタイガーリーチと呼ばれているヒル。ヒルは二酸化炭素を探知して人等にくっつき血を吸う。その時に麻薬系の成分を注入するため、吸われているのに気づかないという。僕はボルネオレインフォレスト、タビン、ビリでもさんざん彼らに献血をして歩いたが、ムズムズするので意外に気づいた。厄介なのが血が固まりにくい成分も注入するので、しばらくは血が出っぱなしになるので服が汚れて困る。また注意する点は無理やり取らないという事だ。彼らの歯が皮膚内に残ってしまうと、かなり厄介だ。運が悪ければ手術にて取り出さなければいけなくなるのでご注意を。

 さて、日本でもヒルが生息している場所はいくつもある。代表的なのが沖縄だろう。彼らを無理に取らずライターやタバコの先端を近づけるとすぐに取れると言うが、、、、、簡単に取れた試しがない。ライターの火で何度も火傷してしまった(笑)だったら思う存分、我が血を吸うが良い!と思ってしまう。

Photo Grapher kazuaki yoda

 で、今回は自分的に大発見をしたので書いておく。カシミールさんが「虫よけスプレーをシュッシュッとかけると簡単に取れるよ」というので、やって見るとポロリと落ちた。超~簡単。いい事教えてもらった。もちろん事前にスプレーを体中にしておくのもオススメ。一方、完全装備チームはナゼかヒルに襲われっぱなし。服の中にも入ったらしく、悲しそうな表情で踊っていた。僕らは短パン半袖で無傷で徘徊。たまたまなのか?それとも欧米の方の方が二酸化炭素放出力が強いのか?まったく不思議である。

 もしもそんな環境に行かれる時には、短パン半袖はオススメできない。たぶん…‥たまたま大丈夫だったのだと思う。完全装備で虫よけスプレーをしてジャングルの中をエンジョイする事をオススメします(笑)はい。今日はここまで。ではまた。

ボルネオ旅行専門 旅行会社ユーツアー → http://u-tour.jp/sepilok.html


ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっぽちっと押してもらえると励みになります。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ村  人気ランキング

« 猫の聖地 竹千代く~ん »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)